資金証明(しきんしょうめい は、個人または法人がどれだけの資金を保有しているかを証明する文書です。ある種のビジネス(銀行、製造、製薬など)を購入する際、潜在的な買い手は売り手に彼/彼女が購入費用をカバーできることを示すためにPOFを必要とする場合があります。

POFに該当するファンドには、いくつかの種類があります。

  • 資金証明は、通常、銀行、証券、または預かり証の形で行われ、資金を保有する銀行または金融機関から入手することができます。
  • 一部の取引では、銀行が真正性を確認できる限り、銀行から銀行取引明細書を入手したり、オンラインで印刷したりするだけでも適格となる場合があります。
  • さらに、認証された財務諸表やマネーマーケット口座の残高のコピーも、その文書を発行した機関が真正性を確認できる限り、適格となります。
  • また、公証人による資金の利用可能性を確認する書簡が最適な場合もあります。

注意すべきは、資金が流動的でなければならないということです。つまり、投資信託、生命保険、他人の銀行口座、株式や債券、その他の所有物の証明はPOFとして認められません。

Proof of Funds Letterに記載する必要のある項目は以下の通りです。

  • 銀行の名前と住所
  • 銀行の公式明細書
  • マネーマーケットの明細書と残高のコピー
  • 当座預金口座および普通預金口座の資金残高銀行が認証した決算書

     

  • オンラインバンキング明細書のコピー
  • 銀行職員による署名

これらの文書はすべて厳密な機密情報とみなされます。

POFの真正性を確認するためには、発行機関または第三者(公証人など)により確認されなければならない。

MergersCorp M&A
International As Seen On

  • brand 1
  • brand 1
  • brand 1
  • brand 1
  • brand 1